1. TOP
  2. スリリングだったヨハネスブルグ

スリリングだったヨハネスブルグ

 2013/10/31 観光
この記事は約 2 分で読めます。 401 Views

翌朝ヨハネスブルグに戻り、友人と再会しました。そしてこの日はヨハネスブルグ観光でした。ヨハネスブルグ観光では現地人ガイドを手配。友人曰く、「ヨハネスブルグの観光は、ソウェトなどのダウンタウンに行かないと意味がないし、ダウンタウンに日本人2人で行くのは、どうぞ襲ってくださいと言っているようなもの」だそうです。ガイドは車で走り回ってくれるので、移動も比較的楽で安全だという理由もありました。

 ホテルのロビーでガイドに拾ってもらい車で移動していると、いきなり目の前に日本では見かけない光景がありました。前を走っているワンボックスカーの荷室のドアが少し開いており、そこから人の足がはみ出ているのです。ガイド曰くスクールバスのようなものらしいのですが、見慣れた光景らしいです。そして最初に訪れたのは、ヘクター・ピーターソン博物館。ソウェト蜂起と呼ばれる武力衝突が起こったことを伝える博物館です。

s-gaul-05

 続いてそこから歩いて5分ほどのところにあるネルソン・マンデラ博物館にもよって、そこでの最後は、その辺り食べられているものに近いものが食べることができるレストランでした。芋の粉を練ったものが主食で、他に鶏肉を煮込んだものなどがありました。その後、バラック小屋が並ぶ住宅街を少し歩きました。子どもたちが寄ってきて、写真を撮ってくれとせがまれました。またお金をせがまれるというようなこともなく、子どもたちの笑顔が輝いていて素敵だったのが、とても印象的でした。その後はホテルに送ってもらうまでに、ミニバスのターミナルや、その周辺にあるマーケットなどを見ながら帰りました。

\ SNSでシェアしよう! /

南アフリカ旅行記の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

南アフリカ旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • ドバイ空港で乗り換え

  • ある田舎町での出来事

  • スキミング被害にあいました

  • 野生の動物にたくさん会えたサファリ

関連記事

  • 野生の動物にたくさん会えたサファリ

  • 見どころがたくさんあったケープタウン

  • クルーガー国立公園へ

  • 景色が最高だったテーブルマウンテン